VOIGTLANDER NOKTON 50mm F1.5 ASPHERICAL

c0065927_0175643.jpg

EPSON R-D1 VOIGTLANDER NOKTON 50mm F1.5 ASPHERICAL / at. f5.6 AE

今日は折角の雨だから… ということで銀塩で撮影してみた。といっても現像が要るので画像は前日撮ったR-D1のもの。

傘をさす必要があったので片手によるAE,AF撮影。濡らすのが嫌なのでずっと肩の高さで持ち上げっ放しだったものの、ペンタックスMZ-SにFA43mm Limitedの組み合わせは軽いので腕が上がらずに済んだ。ブースター付きのEOS-1ならばっちり筋肉痛になっただろう。

そういえば京セラコンタックスからCONTAX事業終了の公式表明が出ましたね。京セラはともかく、体力の無いメーカーも粛々と銀塩を縮小してゆくのだろうな。

昔のカメラには夢があったけど今のデジカメにはちょっとそれは感じない、というか今のところ銀塩趣味の延長線上にレンズ相互乗り入れのデジカメが乗っている状態。デジタルカメラにどのような趣味性を盛り込んで行くのか。フルサイズ撮像素子などというのもある意味究極のアマチュア向き分野なのかもしれない。
[PR]
by suttokodokkoi21 | 2005-04-13 00:32 | デジタルレンジファインダー | Comments(0)