カテゴリ:川崎 T-4( 21 )

c0065927_23091603.jpg

c0065927_23092927.jpg

c0065927_23093434.jpg

c0065927_23095353.jpg

c0065927_23095807.jpg

c0065927_23100385.jpg

c0065927_23101816.jpg

c0065927_23102838.jpg
だいたい一ヶ月の平均ペースで完成しました。取り説を見て結構楽にできるんじゃないかと思ったんですが胴体の大きな段差が辛かった。作業的にはキヤノピーの合いの修正とか主翼下反角とか気をつけた割りに不出来なところもあるのですが、仕上がりにハセガワらしいソリッドさを感じました。あと作業中書かなかったけど翼前縁がくらいグレーのようだったのでマスクして基本色プラスC317混色で再現。大きめのマーキングは全部つや有りのようだけど日の丸だけマスキングしてツヤを残しておきました。

尾翼のローカライザアンテナは目印の通り貼ると少しズレる。衝突防止フラッシュライトは面倒でも別パーツ化したほうが良かった。前脚はスペースがないので接着がつらい。コックピットの側壁がのっぺらぼうだと案外見える。角度がついたノズルの合いも要調整。次回があればこんな教訓がありますがもう一回組むのはキツイ。。。

並べたのはプラッツのT-33とフジミのF-86Fです。


[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-19 23:27 | 川崎 T-4 | Comments(0)

c0065927_02213817.jpg
増槽、ノズル、ピトー管をつけてキャノピーのマスクを剥がして掃除をしたら完成。


[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-19 02:24 | 川崎 T-4 | Comments(0)

c0065927_01152712.jpg
全体につや消しを吹いたら防眩のつや消し黒を塗って作っておいた小物の接着をする。座席のほか操縦桿HUDも忘れずにやる。キャノピーブレイカーを作るとキャノピーが閉じないこともあるようだけど、多分大丈夫。

c0065927_01153416.jpg
脚も取り説の通り組みますが、辻褄を合わせながら水準の精度も出さないと見栄えに影響するので結構時間がかかる。接着は全部瞬着。完成後に破損やガタがくるとどうしようもないので少々のはみ出しも気にせず真鍮線の先にしずくをつけて結合部に流し込む。前脚の小蓋は接着がキツイので自前でのりづけベロを作ったほうが早かったかもしれない。

c0065927_01152363.jpg
集中力の回復を待って尾翼も接着。続いて灯火をチマチマ塗って(でもマスクして銀とクリアー塗料を吹き付けた)乾いたら全体にウォッシングをした。写真を見ながらやるけど汚しって難しいですね。


[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-18 01:33 | 川崎 T-4 | Comments(0)

c0065927_23295709.jpg
2、3の失敗はありましたがデカール貼り完了。主翼のウォークウェイラインは日の丸も含めて一体でしたが余白を切り抜いて難易度を下げるため3分割して貼りました。乾いたらセッターのヨゴレを拭くわけですがあまりちゃんと拭き取れたことがない。


[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-13 23:40 | 川崎 T-4 | Comments(0)

c0065927_00125753.jpg
溶剤だと根こそぎ拭き取れてしまいそうだからハセガワのセラミックコンパウンドでエナメルのスミを磨いたけど、カスが出るので洗わなければならないしどうやるのがいいんでしょう。で、貼りやすそうな場所からデカール。面倒でもセッターとソフターを使いますが元からヤワいのでシワの危険は常にありここも修行ですね。


[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-12 00:17 | 川崎 T-4 | Comments(0)

c0065927_01101201.jpg
なんか塗りわけズレたけどマークの黄色はGX4キアライエロー。全体にクリアーを塗ってスミイレするけど面倒ね。


[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-11 01:12 | 川崎 T-4 | Comments(0)

c0065927_01115734.jpg
グレー単色とはいえ細部の塗り分けはあります。脚庫まわりとブレードアンテナ類がクレオスGX1、翼端のデイグロウがクレオスC173、総隊マークがC34スカイブルーとC68モンザレッド(+ガイア蛍光レッド少々)で黄色はこれから。何故マークを塗るのかと申しますとデカールには入ってるのはT-4配備当初のちっこいヤツでこの大きいサイズではないんですな。おもしろいことに何故か去年くらいからまた小型化(ロービジ化?)されてるようです。色の入ってる部分はどこもパステルカラーに蛍光で派手に見える。

c0065927_01120089.jpg
椅子はスミイレした。



[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-10 01:26 | 川崎 T-4 | Comments(0)

c0065927_01540108.jpg
基本色一応完了? 決めたとおりクレオスC306を薄く吹いて行きましたがやっぱり色味が足らないのでF-15J制空迷彩の濃いほうのグレー、クレオスC307をさらに薄くパネルを意識して吹きました。違いはほとんど分からないけど実機写真を見ると視線と正対しないパネルに青色が乗るという感じなのでよしとする。結果はツヤをそろえてみないと判断できないですね。

[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-09 02:02 | 川崎 T-4 | Comments(0)


c0065927_02552722.jpg
椅子などもやっておきます。スミイレをすればもう少しマシになるはず。


[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-08 02:58 | 川崎 T-4 | Comments(0)

c0065927_01144024.jpg
キャノピーに染み込み防止のクリアーを塗ったのち透け防止のジャーマングレーを塗って機体に仮付け、金属部分にプライマーを筆塗りし基本色塗装の準備が整った。スジ彫りに流したエナメル黒は拭きとろうかと思ったのだけど、実物もパネルラインに沿って汚れる傾向にあるようなのでこのまま塗装してみます。

c0065927_01145689.jpg
T-4の指定色はクレオスC308でこのF-16でいうと下面色にあたる。で、これを塗った時にも思ったんだけど青すぎるような気がして引っかかる感じ。写真をいくつも見ると格納庫なんかでは結構青いんですけどちとここまではって感じなので機首付近のグレーにあたるクレオスC306で行こうかと思います。またイメージが違ったら重ね吹きで何とかなるかなと。



[PR]
by suttokodokkoi21 | 2017-06-07 01:33 | 川崎 T-4