c0065927_03300213.jpg
RGM-79D ジムもどき(HGUC REVIVE ガンダムベース) 色々と言われていますが動かすと感心。

c0065927_03300741.jpg
スーパーミニプラ トラッド11 かわいすぎ。


[PR]
# by suttokodokkoi21 | 2017-05-09 03:38 | 完成品その他 | Comments(0)

c0065927_01500757.jpg


c0065927_01501135.jpg


c0065927_01502540.jpg


c0065927_01502896.jpg


c0065927_01501876.jpg


c0065927_01503289.jpg


c0065927_01502168.jpg
納得のいかない出来ですが一応完成とします。プラモデル復帰からは2年半カーモデルは実に30年ぶりくらいか? 

で何故今赤いインテグラかというと、95年頃一度くらい高性能車を所有してみたいと思って乗っていたんですねこれ。たかが222万8千円(語呂がよいので覚えている)の量産車にも関わらず熟練者が手作業でポート研磨していたり、チタニウムのシフトノブが奢られていたり(カメラの外装にもあるけど高い!)、これはインテじゃないけどピストンリングなどの低フリクション化が過激だったとか、ホンダらしいチューニング(調律された)車という印象が鮮明だったように思います。

ここ10年くらいのType Rシリーズは消滅と復活を繰り返していて、これから販売されるシビックは滅茶苦茶なスペックらしく、ただ過給機でモデファイされたType Rは所期のピュアスポーツ的なコンセプトからは外れてしまったような。ま色々事情もあるんでしょうが2輪も4輪も90年代のような選り取りを望める時代ではないのでしょう。その思い出を取り戻すため今中古を探そうなんて手もあるわけですが、タマとかいう前に任意保険の料率がシャレにならないほど高いらしいことをどこかのページで拝見しました。当時は算出方法が違ったのかそんな記憶はないのですが。

キットは車高をショックアブソーバー突き当り上部のアタリ位置で削って3ミリ下げたくらいのストレート組みですけど、はっきり言ってスタイルが似ている以外特に褒めるところがないという印象。しかしそれ以上にしょうもないのが自分の根気で三ヶ月くらい掛かった割には整形塗装仕上げと今回もまた克服すべき課題を多く得た次第。昔のようにぱぁーっと作って楽しむバランス感覚も取り戻したいが次回はもう少し頑張りたい。




[PR]
# by suttokodokkoi21 | 2017-05-06 02:33 | フジミ インテグラタイプR | Comments(0)

c0065927_02473655.jpg
小物を接着してもう少しで完成。鍵穴は明日塗ろう。


[PR]
# by suttokodokkoi21 | 2017-05-05 02:49 | フジミ インテグラタイプR | Comments(0)



c0065927_03572047.jpg
窓の接着。自分ごときがノーミスで終われるはずもなく窓の隙間退治に失敗。透明パーツ側面スソの合いがゆるくボディを絞る形で合わせましたが、仮組でいけると判断したのが甘かったようです。隙間がやっつけられず接着剤が露出したのでハセガワつや消しフィニッシュで窓の立ち上がりにそってベロを這わせましたが、実車の水切りもそうなっているのでごまかし方の引き出しを得たということで。接着剤はセメダインハイスーパー30というやつを使用。

c0065927_03404492.jpg
もう少し作業があるのでちゃんと填めるのはまた明日(割れそうだし)。


[PR]
# by suttokodokkoi21 | 2017-05-04 04:16 | フジミ インテグラタイプR | Comments(0)

c0065927_02504958.jpg
驚くべきことに窓枠はだいたい上手く塗れました。続いて懸案のヘッドランプリフレクターですが、ハセガワのミラーフィニッシュを短冊状に切り現物合わせで貼っていきます。90年代のホンダ車によくある多面体を裏返して見たようなガチャガチャした見え方なので、目立ちそうな端だけ合わせてあとは雑でもそれっぽく再現したことになります。プロジェクターは100均のラインストーン貼り付け。

c0065927_02511959.jpg
一方テールランプは黒地に銀を雑に吹いて透明部品をセット。昼行灯的というか実車もあまりギラギラはしていないと思う。

[PR]
# by suttokodokkoi21 | 2017-05-03 03:03 | フジミ インテグラタイプR | Comments(0)