LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

c0065927_23225757.jpg

Panasonic DMC-G1 LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. / at. f4 AE

またLumixと関係ないライカM9の話。

画像左でマゼンタ、右でシアンに転ぶ問題は左右で目の色が違うodd eyesをもじって? odd color shiftsという呼称もあるようですが、とあるサイトでEOS-1Ds MarkIIIに再現しているケースを見たり、また問題ないであろうと言われた標準レンズノクチルックス50mm F0.95がこの現象を起こしている画像も提示されいていたりでちょっと驚いた。

つまりはM9のみならず過去のレンズマウント規格を引き継いだフルサイズデジタルカメラでは程度問題こそあれ元から抱えていた問題だったということになる。もっともEOS,M9どちらの画像も均一な白を撮影したやぶ蛇というか、あら捜しなので普通の撮影なら問題ないと思われる。

特にライカMマウントのフランジバックはキヤノンEFマウントの60%しかなく、周辺の結像を確保するだけでも相当に条件が厳しく、マイクロレンズオフセットを組み込んだ上に周辺光の落ち込みを持ち上げる処理をしているはずで、よってこの問題が表面化してしまったのかもしれない。
[PR]
by suttokodokkoi21 | 2009-10-05 00:00 | ミラーレス | Comments(0)