c0065927_02550882.jpg
まずはガンダム。プロトタイプのカラーがカッコイイ。

c0065927_02551494.jpg
コアファイター。塗り分けはこちらもプロトタイプ風。

c0065927_02552089.jpg
Gファイターとガンダムの記念写真。ファイターの上に載せようという気は起きませんでした。

c0065927_02552639.jpg
Gファイター(飛行状態)。このキットの取説に載っていたけどネットとかで調べてもほぼ記載が無い?

c0065927_02553018.jpg
Gブル。最も謎感が強いモードだけど意外にもメカメカしくてカッコイイ。ちなみにこの方向が前向きです。

c0065927_02553644.jpg
Gスカイ(フルサイズ)。つまらない整合性を考えなければこれが一番見てくれがいい。Gスカイイージーモードは接合パーツを接着した都合で再現を諦めました。

c0065927_02554356.jpg
撮るのを忘れそうだったけどガンダムMAモード。ガンダムスカイとか言うこともあるそうだけど、要はザクレロと対戦したときのモードです。

c0065927_02555726.jpg
そして本丸のGアーマー。ガンダムが挟まると地味な塗装のGメカが華やぐ。

c0065927_03413401.jpg
リバイブから持ってきたビームライフルが接触しそう。

c0065927_03500990.jpg
チラ見するガンダムが素敵。


ということでやり残しがあるような気もするが完成。ガンダムは基本的に300円のやつと同じらしいですけど金型は別なんでコレ自体は結構シャープな成型で驚き。旧キット現役当時に144のガンダムを組んだことがないこともこのキット作成のきっかけではあります。直したのは肩アーマーのなで肩と首の角度調節、股関節、脚の設置くらい。次にデカイと評判のコアファイターですが、アレンジの都合上鼻先が長いのでそこを切り取った、だけ。合わせ目消しが辛いけどこれもカッコイイ。

本丸のGメカは形にするだけで疲れたのは事実ですが、いちいちパーツがでかく内部スペースも十分にあるので軸を仕込んだり磁石を入れたりすることは余裕でした。すべてのパネルも平らなのでスジボリとかも楽そうです(やっていないけど)。構造的にはキャタピラユニットに仕込まれたレールでGメカAパーツとBパーツを繋ぐ構造なのでどうしても尻が下がるみたいですけど、潔くガンダムも固定すればもっとかっこよくできるかもしれない。とはいえ差し替え最小ですべての形態を再現できることがこのキットの売りではあります。ということで2016年の再販から数えて二年越しの課題でしたが、数あるガンプラの中でもかなり熱いスピリットを感じるキットでした。しかもたった1000円。すごいね。
[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-09-17 03:48 | Gアーマー 旧キット | Comments(0)