カテゴリ:フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年( 33 )

c0065927_13535862.jpg

c0065927_13540214.jpg

c0065927_13540545.jpg

c0065927_13540717.jpg

c0065927_00455157.jpg

c0065927_00455434.jpg

c0065927_00455788.jpg

c0065927_13541064.jpg

c0065927_13541240.jpg

c0065927_13541581.jpg
続いてF-4EJピクセル迷彩機も完成。この特別塗装をキット化しているのは今の所フジミだけですのでいい機会なのでそのまま組んでみました。とはいえ本体を仕上げていく工程が一筋縄では行かず基本的にすべての接合箇所を疑ってすり合わせないと駄目。要求される作業はすべて基本的なことですが楽しくない作業ではあります。少しさぼった結果370ガロンタンクの前下りがキツくなってしまいました。

肝心のデカールは雰囲気なかなか再現されている・・・残念ながら胴体ノズルあたりで空白ができてしまうのですが、貼り余りのピクセルを気にせず適当に貼れば問題はない。実際ピクセルをブロックごとに刻んで貼らざるを得ないので正直ハセガワの新版でもなんとか貼れそうな気がするけどそれは野暮ってもんでしょう。とにかくこのデカールは結構丈夫なので貼る上でのストレスは少なかったです。

塗色は緑が6番グリーン指定をGX6モウリーグリーンベースの調色でやりましたが素直に暗緑色のほうが似ていたかも。ただデカールもえらい明るめではあり実際の写真でも見え方はいろいろなのでまあこんなのでもいいかなと。下面の通常塗装部は最初ちゃんと汚そうとか思っていたんですがエアブラシによるぼかし表現のみでこの状態。そんなわけで年に一回くらい組むフジミのキットは自分の技術力を試される機会みたいな感じですな。
[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-14 01:25 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)


c0065927_01402838.jpg
キャノピーは開けるべき理由がないので接着するまえに記念写真。隔壁にある裏返したゲタみたいなのは計器パネルですよ。

c0065927_01402279.jpg
脚も増槽も貼り終えていよいよ進捗99%くらい。脚そのものはともかくカバーのいも付けやモナカ2ピースで構成される370ガロンタンクの精度の悪さは本当に意地が悪いとしか思えず、必要以上に前下りでももうやり直す気分にはなれない。キツめのベロがついた水平尾翼だけは本当に差し込むだけだったのが救い。

[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-13 01:57 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)

c0065927_00062976.jpg
つや消しコーティング完了。どのくらい塗っていいものか迷うけどまだ室温30℃あるしポンプから水を吹いたら嫌なので早々と切り上げる。塗ったのはガイアのつや消しクリアーにクレオスのフラットベースなめらかスムースを混ぜたものです。

[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-12 00:09 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)

c0065927_01580711.jpg
本体は一回クリアーを塗って乾燥中。小物も間に合うように仕上げていますが、前脚フタの着陸灯が再現されていないので透明レンズ部品みたいなので適当に作っておく。

[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-11 02:02 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)

c0065927_23225850.jpg
コーションも含めデカールを貼り終えた。一つだけ位置がどうにも分からない注意書きがあったので落ち着いて諦める。キャノピーの黄色いシーリングもデカールで再現されているんですが、ちょっと形が違ったりラインの超過不足があるので一辺ごとに対応して貼る。乾燥してできるだけ汚れを洗ったらクリアコーティングだ。

[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-09 23:28 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)

c0065927_00055503.jpg
パターンは貼り終わった。


[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-08 00:07 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)

c0065927_02215605.jpg
今日も頑張ってデカールを貼る。ピクセルデカールは各面の末端から追い詰めてデカール同士ぶつかる箇所で辻褄を合わせていますが、胴体に関してはインテークから小刻みに貼って行くとノズルの付近が実寸で5mmくらい空いてしまう。逆に左側ドラッグシュート付近は余分が出るので作業の間違いというわけでもないらしい。ボディ上面接合部で再現に影響ない余りデカールが若干出るのでそれをノズルの横に貼っておくことにした。

[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-06 02:30 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)

c0065927_00074880.jpg
平常心でデカールを貼っていきます。ピクセルのデカールは位置ごとに大判気味の分割をされておりますが、機体のシルエットと完全に適合するというわけにはいかないし大判をそのまま貼っては失敗を招くのでピクセルのデザインを睨みながら適当な位置で細分すれば安全に貼り終えられると思われます。ここまで貼った限りでは薄くてある程度の強度もありクレオスのセッターソフターの耐性も馴染みも悪くなさそうという中々優秀なデカールのようです。
[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-04 00:21 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)

c0065927_01153047.jpg
塗り分けとしては最後のほうになる航法灯なんかを塗っていました。

[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-03 01:17 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)

c0065927_01172275.jpg
スミの拭き取りだいたい終わる。


[PR]
by suttokodokkoi21 | 2018-07-02 01:21 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)