人気ブログランキング |

タグ:航空機 ( 49 ) タグの人気記事

c0065927_01333128.jpg

c0065927_23152485.jpg

c0065927_23151468.jpg

c0065927_23155299.jpg

c0065927_23160227.jpg

c0065927_23163528.jpg

c0065927_23164216.jpg

c0065927_23165212.jpg

c0065927_23165809.jpg

c0065927_23170283.jpg
プラッツのT-33Aを完成させました。2年くらい前に同じキットを組んでいてその時はエンジンの再現がされてるヤツを組んだのですが、その時あったコーションが今回は下面の一部だけ無かったりしてエンジン付きのほうが完全再現版のようです。工作的には銀塗装にクレオスの特色セットアルミナイズドシルバーを使ったのが大きな違いで、色についてはいつも使う8番シルバーと比べ明らかに軟調というか、ごく弱くヌメったキャンディーカラーっぽさがありちょっと新鮮。一方でマークセッターで塗装がハゲたりしたので銀塗装と考慮をしても若干塗膜が弱い感じがあり、セットの色が古い自衛隊機とあまり関係のない色なのもちょっと推せない材料か。

今回再現したのは入間基地 航空総隊司令部飛行隊所属 機番51-5648の単刀直入に言って1999年の事故機なんですが、ごく身近で起こったこともあり今も忘れることはありません。残存のT-33は即日の飛行停止が解かれないまま退役しましたので事故機1機のほかに2機が入間基地へ帰投出来ず訪問先で用途廃止となったそうです。2000年の退役式では未帰投2機のイラストが残存機に書き入れられたそうですが、事故機自体が労われることは無いのが切ないですね。
by suttokodokkoi21 | 2019-03-19 00:51 | 1/72 プラッツ T-33A | Comments(0)

c0065927_20582017.jpg

c0065927_20582544.jpg

c0065927_20583271.jpg

c0065927_20582962.jpg

c0065927_20583758.jpg

c0065927_20584192.jpg

c0065927_20584710.jpg

c0065927_22033369.jpg

c0065927_20585038.jpg
飛行点検隊のYS-11完成しました。すでに運用拠点が入間基地のみとなったYS-11の中でも12-1160の自衛隊引き渡しは1971年(年上だな)で、聞くところによると後継機の納入が2020年3月だそうですから詳しいスケジュールは分かりませんが恐らく今年中の退役が予想されるところ。なにせ地元ですので紅白の塗り分けと独特のサウンドがチャーミングなこの機体が飛ぶ姿を見られなくなるのは寂しい限りです。

そんなわけで作った航空機キットの中では珍しく思い入れがあったのですが工作のほうは苦戦しました。エンジンナセルと翼の合いがよろしくなく主翼の接合も今ひとつで特に上反角に気をつけて接着しました。機体色はドアのチリまで印刷されたデカールがどうにも合う気がせず塗装で再現。赤は指定のクレオス327ですが翼や腹の色はだいぶグレーっぽい感じなので8番シルバーと自作ニュートラルグレー(GX1と2の混色)を1対1で混ぜて塗装。プロペラはエアクラフトグレーと黄橙色で塗り分けてデカール貼り付け。デカールはドアだけで貼るものも今ひとつ合わず翼のウォークウェイと一体でプリントされた日の丸も実機とは位置が微妙に異なります。

機体の形はだいたい一緒でもスケール上の省略や実機の仕様と違う箇所は数多く出来る所は再現しましたが、考証中に気づかず右舷前方のドアをそのまま残してしまったのは痛恨でした(ドアのスジボリを埋めてあらたに設置された窓を予備のデカールで補えば再現はできたはず)。それでも雰囲気的にはまあまあかなという気もします。
by suttokodokkoi21 | 2019-02-07 21:56 | YS-11FC | Comments(0)

c0065927_21303061.jpg

c0065927_21303587.jpg

c0065927_21304006.jpg

c0065927_21304664.jpg

c0065927_21305146.jpg

c0065927_21305885.jpg

c0065927_21310485.jpg

c0065927_21310906.jpg

c0065927_02295109.jpg
コツコツと工程をこなして駆け足で完成。キットの出来もいいという話だし塗色も銀かグレーの単色なんでもっと楽な想像をしていたんですけど、実際には金型の傷みや細かい塗り分けがあってそこそこ苦労しました。シンプルでシャープなデザインなので左右対称も大事なんですが羽根や脚カバーののりしろもわずかしか合わせが無いので技量が試されるし、そもそもキットの説明書もここを切り取るとかデカール張付位置とか塗装の指示表記が分かりづらかった。

塗色は多少華やかかなと思って第204飛行隊の20周年記念塗装にしましたが、純正基調で側面のデカールと増槽の塗り分けくらいしか違いはない。機体はエアクラフトグレーの沖縄塗装ですが、これも細部で分からないことが多くてまあ写真を見た感じで細部も決めて塗りました。なんか愚痴ばっかりですが実売で1000円くらいしかしないのにビッシリコーションデカールのついでにカナダ仕様のデカールまで入ってるし格好はすごくいいので作り甲斐はあるキットではあります。
by suttokodokkoi21 | 2018-11-16 21:56 | 1/72 ハセガワ F-104J | Comments(0)

c0065927_13535862.jpg

c0065927_13540214.jpg

c0065927_13540545.jpg

c0065927_13540717.jpg

c0065927_00455157.jpg

c0065927_00455434.jpg

c0065927_00455788.jpg

c0065927_13541064.jpg

c0065927_13541240.jpg

c0065927_13541581.jpg
続いてF-4EJピクセル迷彩機も完成。この特別塗装をキット化しているのは今の所フジミだけですのでいい機会なのでそのまま組んでみました。とはいえ本体を仕上げていく工程が一筋縄では行かず基本的にすべての接合箇所を疑ってすり合わせないと駄目。要求される作業はすべて基本的なことですが楽しくない作業ではあります。少しさぼった結果370ガロンタンクの前下りがキツくなってしまいました。

肝心のデカールは雰囲気なかなか再現されている・・・残念ながら胴体ノズルあたりで空白ができてしまうのですが、貼り余りのピクセルを気にせず適当に貼れば問題はない。実際ピクセルをブロックごとに刻んで貼らざるを得ないので正直ハセガワの新版でもなんとか貼れそうな気がするけどそれは野暮ってもんでしょう。とにかくこのデカールは結構丈夫なので貼る上でのストレスは少なかったです。

塗色は緑が6番グリーン指定をGX6モウリーグリーンベースの調色でやりましたが素直に暗緑色のほうが似ていたかも。ただデカールもえらい明るめではあり実際の写真でも見え方はいろいろなのでまあこんなのでもいいかなと。下面の通常塗装部は最初ちゃんと汚そうとか思っていたんですがエアブラシによるぼかし表現のみでこの状態。そんなわけで年に一回くらい組むフジミのキットは自分の技術力を試される機会みたいな感じですな。
by suttokodokkoi21 | 2018-07-14 01:25 | フジミ F-4EJ 各務ヶ原100周年 | Comments(0)

c0065927_23255328.jpg

c0065927_23260162.jpg

c0065927_23261177.jpg

c0065927_23263595.jpg

c0065927_23262106.jpg

c0065927_23264765.jpg

c0065927_23271804.jpg

c0065927_23272406.jpg

c0065927_23273430.jpg

c0065927_23274174.jpg
今年中には配備されるはずと作り始めたらドンピシャのタイミングだったF-35A完成。キットはシンプルな部品構成にもかかわらずディティールも十分で特にコックピットや操縦士が楽に作れてよく出来ていることに驚きました。機体の形はすぐ出来上がるんですけど、合せ目がエッジの立った場所に来るので修正は結構キツくてそのあたりの頑張りようが仕上がりに影響するのではないかと。塗装はグレー2色に部分が黒とか白なんでまあまあ楽が出来たような気がしますが、実機と比べるとステルス機特有の仕上げなどまだ研究の余地が大いにあると思われます。デカールはまあそこそこしんどかったですけど、案外強度があったのでセッターやソフターでなんとかなりました。


by suttokodokkoi21 | 2018-01-30 23:43 | F-35A 航空自衛隊 | Comments(0)

c0065927_00160389.jpg

c0065927_00155430.jpg

c0065927_00155890.jpg

c0065927_00160920.jpg

c0065927_00161607.jpg

c0065927_00164008.jpg

c0065927_00164558.jpg

c0065927_00163308.jpg
ハセガワF-2B完成。そもそも復帰エアモデルで最初に組んだのがF-2と並べるがためのタミヤF-16だったので、このキットも同じクオリティならと思わなくはなかったですが組み上げることが出来てよかったです。いやその誰が組んでもそれなりの出来になるのもスゴイですが、組む人の技術が反映されるのも模型の醍醐味ってもんなんでしょうな。



by suttokodokkoi21 | 2017-07-29 00:42 | 三菱 F-2B | Comments(0)

c0065927_01440407.jpg
増槽パイロンの合いがイマイチで削ったりしながら本体に貼って、放電索の黄色とか細かい所を塗って完成。写真も撮った。


by suttokodokkoi21 | 2017-07-28 01:45 | 三菱 F-2B | Comments(0)

c0065927_02334853.jpg
航法灯とかを塗った後脚を接着。組み間違いようは無いものの部品の遊びはそれなりにあるのでイライラ。すぐに折れたらどうしようもないのでここははみ出すのも気にせず瞬間接着剤を垂らしてカチカチに固めてゆきます。現用機は白いからはみ出した所をつや消しコートすればほとんど分からないのが救い。自立すると完成間近感が。


by suttokodokkoi21 | 2017-07-26 02:41 | 三菱 F-2B | Comments(0)

c0065927_03070785.jpg
キャノピーのマスクを剥がし操縦席と久しぶりの対面。チマチマやっていたシートを仮組したら後席がガラスにつっかえたけど底を削ればオーケー。ミラーなど稚拙なディティールアップでもたいして見えないからこれまたオーケー。


by suttokodokkoi21 | 2017-07-25 03:09 | 三菱 F-2B | Comments(0)

c0065927_23385863.jpg
湿度が70%近くあってビビッタけどつや消しクリアー吹き終わった。


by suttokodokkoi21 | 2017-07-23 23:40 | 三菱 F-2B | Comments(0)